So-net無料ブログ作成

藤田嗣治展 [Others]

駆け込みで藤田嗣治展を鑑賞。
ダメなら京都で行けばいいかと半ばあきらめていたけど、ぽっかり空いた時間をうまく利用できた。

細い線の乳白色の裸体画と猫。
少女漫画に通じるようなロリータ的な少女の絵。
パリで活躍した、面白いヘアスタイルの人。

この程度の認識しかなかった私が、藤田に興味を持ったきっかけは、
TVで見たアッツ島玉砕という戦争画。

あのおかっぱ頭が、戦争画を描くなんて!
戦争なんて、彼の世界と対極にありそうなのに。
乳白色はどこへいった?

そして旅先のランスで訪れたフジタ礼拝堂。
そこにはまた違う世界の藤田の絵があった。

私が知っている藤田は小さな小さな断片で、彼の絵を時間の流れの中で見ることができたのは、
藤田(とその絵)を知るうえで、とても有意義だった。

なぜ日本を離れたんだろう…
なぜキリスト教徒になったんだろう…

もう一度、ランス美術館の礼拝堂を訪れたい。

Fujita_Cafe3.jpg


京都国立近代美術館で10月19日から藤田嗣治展が開催される。

タグ:藤田嗣治展
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。